【生活保護の申請したい人向けのサービス案内中】詳細はこちら>>>

シングルマザーが生活保護を申請する時の流れを解説!

生活保護が受給できる人や条件

シングルマザーとして働きながら子育てをしていると、経済的に困窮してしまうこともあるのではないでしょうか。

そんなとき、生活保護を受けられる可能性があることをご存知でしょうか。

生活保護は、資産や収入が最低生活を維持できない場合に、国や地方自治体から支給されるものです。

シングルマザーの場合、離婚や死別などの理由で収入が減少し、経済的に困窮するケースが多くあります。

本記事では、シングルマザーが生活保護を申請する条件や手続きについて解説します。

生活保護の受給を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

【生活保護の申請サポート】

生活保護をこれから受けたい人の申請をサポートいたします。きちんと生活保護の制度を活用すれば、賃貸に住むことも可能です。気軽にご相談ください!

まずは無料相談!

0120-597-892

生活保護の申請と受給手続き

生活保護を申請する方法・流れ

生活保護を申請する際は、以下の手順で行います。

  1. 申請先と必要書類を確認する
  2. 事前相談を行う
  3. 申請書類を提出する
  4. 審査を受ける
  5. 決定通知書を受け取る
  6. 生活保護費の支給を受ける

生活保護を申請する先は、市区町村の福祉事務所です。

福祉事務所は各自治体の市役所内にありますので、役所に実際に相談へ行ってみましょう。

東京、神奈川、千葉、埼玉の1都3県の地域の生活保護に関しての記事を書いておりますので、該当地域にお住まいの方は是非お読みください。


生活保護はシングルマザーでも受けられます

生活保護は、日本政府が実施する最低生活保障制度です。収入や資産が一定基準を下回り、生活に困窮している人に対して、生活に必要な費用を支給します。

シングルマザーは、離婚や死別などによって、経済的に困窮するケースが多くあります。そのような場合、生活保護制度を利用することで、生活を安定させることができます。

生活保護は全ての人に開かれている

生活保護は、性別、年齢、婚姻歴、収入、資産などに関係なく、生活に困窮している人は誰でも申請することができます。

つまり、シングルマザーであっても、生活保護の受給資格を満たしていれば、誰でも申請することができます。

シングルマザーの生活保護受給に伴う制約

生活保護を受けると、以下の制約が発生します。

住む家が制限される

生活保護の支給額には、家賃が含まれています。そのため、家賃が高すぎる物件は借りることができません。

また、生活保護で借りることができる家は、市区町村が指定する物件に限られています。

病院が制限される

生活保護の支給額には、医療費が含まれています。そのため、生活保護で受けられる医療は、指定の医療機関でのみ受けることができます。

また、生活保護で受けられる医療は、原則として保険診療です。自由診療は、原則として自己負担となります。

車を持てない

車は生活必需品と認められないため、生活保護で購入することはできません。

ただし、車がなければ仕事や通院が困難な場合は、例外的に車を買うことができる場合があります。

クレジットカードを作れない

クレジットカードは、生活保護の支給額を超えた買い物に使われる可能性が高いため、生活保護で作ることはできません。

 親族・元夫に連絡がいく

生活保護の受給には、親族や元夫からの扶養が受けられないことが条件となります。そのため、親族や元夫に連絡がいく場合があります。

高額な娯楽品は買えない

生活保護の支給額は、生活に必要な最低限度の額です。そのため、高額な娯楽品は買うことができません。

ただし、子どもの教育や娯楽に必要な場合は、ケースワーカーの指導のもとで、高額な娯楽品を購入できる場合があります。

ケースワーカーの指導に従う必要がある

生活保護の受給者には、ケースワーカーが指導を行います。ケースワーカーの指導に従わなければ、生活保護の支給が停止される場合があります。

まとめ

シングルマザーは1人で子供を育てなければならない状況に陥りがちで、経済的に苦しくなるケースが非常に多いです。

生活保護を受給すると、周囲から白い目で見られがちになりますが、周囲の目を取るか自分の人生や子供の人生を取るかを考えらたら、生活保護を受給することは決して恥ずかしいことではありません。

今まさに生活保護を申請しようと考えている人は、前向きに考えてみてください。

ちなみに当ブログでは、生活保護を申請しようと考えている人向けのサポートをしております。

詳しくは下記の青枠部分をお読みください。

【生活保護を受けたい人必見のサービス誕生!】

あなたは今、お金が無くて生活保護の申請をしようか検討中ではありませんか?

生活保護住宅サポートセンターでは、生活保護をこれから受けようとしている人向けのサポートをいたしております。

サービス内容は東京、神奈川、埼玉、千葉の首都圏内にある賃貸物件に住めるところまでの契約をサポートしております。

なぜ、そのようなサービスをしているのかというと、本当なら生活保護を受給できる条件を満たしているにも関わらず、受給できていない人がいる現状をどうにかしたいと思っているからです。

 

生活保護の申請ができる条件は非常に複雑で、知識が無いと一人でやるのは大変です。

生活保護を担当する職員でさえ、生活保護法を正確に理解している人は少ないと言われています。

あやふやな知識を持っている職員から、生活保護を受ける必要性が本当にあるのか疑われる人の姿を見て、心が苦しくなります。

本来は受けられるはずなのに、これまで述べた現状により生活保護が受給できない人がたくさんいます。

そのような人を少しでも減らせるように尽力したいと思っております。

1都3県にお住まいの方で、住む場所が無く困っている方で生活保護に興味のある方は、ぜひご相談ください。

以下の電話番号におかけください。

お待ちしております。

\電話でも受付中!24時間対応!/

0120-597-892

電話かメールで連絡され、住居が確定した方には当センターより生活応援サービスとして、アマゾンギフト券5,000円をプレゼント!必ず「住宅サポートセンターのページを見た」と言ってください!

 

LINEアカウントもありますので、LINEで問い合わせをしたい方は友達追加をお願いします。

友だち登録はこちら>>>

せいほごネット経由で生活保護を申請すると、就労経験も体験できます!

詳しくはこちら→【就労経験について】

タイトルとURLをコピーしました